FC2ブログ

柚子の特徴

◆特徴柑橘類のなかでも調味用として使われる代表的なものです。収穫時に、実をすべて取らないで翌年のために残しておく「木守柚」という風習が残る地方もあります。果実の厚い皮の表面はデコボコしており、無農薬栽培が比較的簡単にできることから果皮を刻んでも安心です。果皮に含まれる爽やかな香りを料理の風味づけとして用います。ほどよい酸味のある果汁も日本料理には欠かせません。秋以降に熟して黄色になるものは黄ユズ、初夏から夏の未熟果で緑色のものは青ユズと呼ばれています。


◆作用・効能
果皮はビタミンCに富み、白い内皮には毛細血管を強くするビタミンPが含まれます。古くから冬至には「ユズ湯」に入る習慣があるように、血行を促す働き、体を温める作用があり、風邪などの予防にも利用されてきました。


◆主な用途
果皮は吸い物や酢の物などの香りづけ、マーマレードや菓子類などに、果汁はポン酢などに使われます。最近、鍋物などの薬味として人気がある「柚子胡椒」はユズとトウガラシを合わせた調味料です。また、日本料理でよく使われる「柚子釜」、韓国の「柚子茶」などもあります。

関連記事

コメント

Secret

このサイトのご案内
お知らせ
手作り石けんweb教室情報、掲載していただきました 詳細⇒★★

ウィズガスライフ 2013Vol.24はじめての石けんづくり掲載いただきました(P)詳細⇒★★

プロフィール
 Herb・Room leaf(ハーブルームリーフ)主宰 松下 美穂です。

幼いころから、祖母の教え「自分の体は自分で守ろう」の意識が強く、自然のものを取り入れる習慣が身につき、肌も弱かったため、石けん作りも習い、徳島の素材を使った石けん教室を始めました。
更にハーブと結びつけてのクリスタルカラーセラピーの学びで、独自のセラピーを提供することとなりました。
祖母の教えの自然と触れ合う喜び、身体や肌を整えるハーブや石けんの教室やセラピー、一つひとつが繋がっています。

NaO自然療法士
(一社)ハンドメイド石けん協会認定シニア・ソーパー・犬の石けんマイスター、四国支部副支部長
日本ユニバーサルカラー協会クリスタルカラーセラピスト、日本ユニバーサルカラー協会四国支部長
食品衛生責任者

徳島市内の自宅サロンで自然療法セルフケア教室を主宰。
徳島の素材を使った手づくり石けん「碧ものがたり」オンラインショップ運営。
facebookページ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR